車検、修理・板金塗装、各種パーツ取り付け・加工、新車・中古車の販売、事故処理まで! 有限会社須賀自動車整備工場(栃木県河内郡上三川町)

須賀自動車があなたのカーライフをサポートします。
お客様一人一人のニーズに合わせたサービスをモットーに、お客様に満足していただけるよう日々努力いたしております。
国土交通省の認可を受けた指定工場であり、技術・情報に精通した国家整備士による車検、車販、鈑金、一般整備、部品
販売、パーツ取り付け(部品持込可)、自動車保険など車に関するすべてをサポートさせていただいております。お客様に
満足していただける事がわが社の喜びであり、努力につながります。

有限会社須賀自動車整備工場 代表取締役 阿部 晋

有限会社須賀自動車整備工場へのお問合せは、下記電話、FAX、メールにて承って
おります。ご質問、ご相談などございましたら、どうぞお気軽にお問合せください。

【有限会社須賀自動車整備工場】
〒329-0617 栃木県河内郡上三川町上蒲生2081
TEL:0285-56-3562 FAX:0285-56-3577
mail:suga-jidousya@cos-group.jp
<< スズキ ワゴンRの車検(ブレーキパットの交換) | main | 日野 アームロール車が走行中に止まってしまった⇒修理依頼 >>
スバル フォレスターのタイミングベルトの交換
スバル フォレスターのタイミングベルトの交換です。



最近では、タイミングベルトを使用している車両も少なくなってはきており、タイミングチェーンを使用している車両がメインになりつつあります。交換の必要はなくなる一方、その分オイル交換をまめにしないと、チェーンが伸びてきてしまったり、テンショナーが劣化してしまいます。

 

それでも一応タイミングベルトを使用している車両は、まだありますので、タイミングベルトを使用している車両をお乗りの方はいつかは交換が必要です。メーカーが定める交換時期は、約10万kmで、今回は第一回目のタイミングベルト交換です。10万kmですので、まだ一度も交換したことのない方も多いとは思いますが、年間1万kmと考えれば10年となりますので、その辺が交換の目安となります。



タイミングベルトを交換する際には、ウォーターポンプも一緒に交換します。ウォーターポンプは、タイミングベルトを分解しないと交換できませんので、タイミングベルトを交換したけどウォーターポンプから水が漏れましたというトラブルは結構ありますので、タイミングベルトを交換する際には、ウォーターポンプも一緒に交換する事をお勧めします。

 

タイミングベルトを交換する際には、こちらのベアリングも一緒に交換します。エンジンがかかっている間は常に回っていますので、10万km走っている車両は、常に回っているベアリングですので、やはり傷んでおります。タイミングベルトを交換する際には、セット交換となる部品です。



青い所が交換した部品です。

 


有限会社須賀自動車整備工場へのお問合せは、下記電話、FAX、メールにて承って
おります。ご質問、ご相談などございましたら、どうぞお気軽にお問合せください。

【有限会社須賀自動車整備工場】
〒329-0617
栃木県河内郡上三川町上蒲生2081
TEL:0285-56-3562
FAX:0285-56-3577
mail:suga-jidousya@cos-group.jp
URL:http://cos-group.jp/
車検、修理・板金塗装、各種パーツ取り付け・加工、新車・中古車の販売、事故処理まで!
あなたのカーライフをサポートします。有限会社須賀自動車整備工場
| 修理・点検 | 13:12 | comments(0) | -
コメント
コメントする









| /PAGES |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT